注文住宅のデメリット

費用が高くなりがち!

注文住宅の大きな魅力といえば、設計の自由度が高いこと。その一方で、幾つかのデメリットがあるのも事実です。まず家づくりで気になるのが、やはり費用面でしょう。この点、注文住宅では建売住宅と比べて、何かと費用がかかる傾向が強いと言えます。というのも、間取りやデザインなど自由設計が基本になる注文住宅の場合、資材からオーダーメイドで仕入れるケースも珍しいことではないため、その分だけも建築コストは高くなるためです。

これに加えて、デザインや設備にまでこだわりのある家づくりを求めると、建築コストも一層増えてしまうのは、言うまでもないでしょう。したがって注文住宅を検討するのであれば、あらかじめ余裕のある資金計画を立てることが求められます。

完成まで長期化することも!

注文住宅でこだわりのある住まいを実現したければ、土地探しから始まって、契約や設計などの段階でも、業者を含めた関係者との打ち合わせや相談を、何度も繰り返すことになります。そのため既に建物が完成している建売住宅と比べて、着工前から時間がかかるケースも少なくありません。

さら着工してからも、オーダーメイドの資材や設備などをメーカーに特注すれば、既製品よりも納入まで時間がかかるのが通常です。また着工後に設計の変更を迫られたり、建築現場で何らかのアクシデントが発生すれば、工期が計画より大幅に遅れてしまうこともあり得ます。

このように注文住宅では建売住宅と比べて、完成まで長期化するリスクを常に抱えていると言えます。もしスピーディーな入居を希望するなら、建売住宅も選択肢に入れるべきでしょう。

建売住宅とは、土地と戸建てをセットで販売している住宅のことをいいます。建物の設計は、不動産会社で決めて施工します。