注文住宅のメリット

こだわりを詰めこめる自由度の高さ

注文住宅で家を建てる最大のメリットは、自分のこだわりをとことん詰め込める、自由度の高さです。

「日当たりと景色のいい静かな田舎で広い家に住みたい」のか、「利便性のいい場所にコンパクトな家を建てたい」のか、人によって家に対する思いはそれぞれ違うもの。

注文住宅であれば土地選びから設計まで綿密な打ち合わせのもとに家づくりが進められるため、家が建つ場所の環境、家の広さや間取り、収納の多さや窓の数にいたるまで自分の好みを反映させられます。

土地や間取りの自由だけでなく、予算においても上限を決めておけば、その予算内で施工してくれる会社を探すことができます。

予算をしっかりかけたいこだわりポイント、あまりこだわりのないポイントをはっきりさせ、家づくりの予算をコントロールしながら自分好みの家を建てれば、家への愛着もひとしおですね。

家が建つ過程を見守れる

自分たちのこだわりを詰め込んだ家がどのように出来上がっていくのか、その過程を見られるのは注文住宅ならではのメリットと言えます。

土地購入から地鎮祭、基礎工事から棟上げと少しずつ家が出来上がっていく様子を見たり、写真に収めておいていつか見返したりできるのは家族の一生の思い出になりますよね。

また、「施工主がいつ見に来るか分からない」という点において、不正や手抜き工事などの問題が発生しにくいという点もメリットとして挙げられます。

不正や手抜き工事に目を光らせるだけでなく、現場で作業してくれる大工さんや現場監督さんとコミュケーションを取りながら家づくりの過程を見守ることで、設計の時点では気付けなかった小さな要望を伝えることもできます。

「こんなはずじゃなかった」を減らし、愛着のもてる家を建てて長く住み続けていきたいですね。

新築一戸建てには、注文住宅と建売住宅があります。間取りや内装の設計段階から関わりたい場合は、注文住宅を選びます。